2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年のハロウィンは何もなし

タイトル通り、今年のハロウィンはどこかのイベントへ行くこともなく、
仮装もなく、いつもの日曜日と同じく過ごして終わりました。

家族全員でインフルエンザワクチンを打ちに行き、ランチを食べ、
我が家の1週間分の買い物ときんぐの仕事の買い物、その他用事を足して終了。
夕食を食べて、片付けをした後はもうクタクタでみんなで夜10時には就寝。

くぅちゃんがもう少し大きくなったら、コスチュームを着せて近所を
回らないといけないんだろうなぁ・・・。



話は全く変わりますが・・・



先日、生後4ヶ月の赤ちゃんを連れてお友達が遊びに来てくれたときのこと。
くぅちゃんがイスに座っている赤ちゃんの前に、
おもちゃや本を持ってきてかいがいしくお世話をしている姿を見て、ジ~ン

「これがゾウだよ」と指をさして教えている様子。
でも、本は自分の方向いているけど・・・
IMG_2014.jpg

来年、弟が生まれたらこうしてお世話してくれるのかな?(母、期待)



またまた別の話題。

私が洗面所で顔を洗っていたら、「オレにもヘアバンドをさせろ」と要求してくるくぅちゃん。
ま、これは毎度のことなんだけど、そのヘアバンドをした姿がいつもおかしくて
いつか写真に撮ってやろうと思っていました。
ようやくチャンス到来。

IMG_2016.jpg

私には「立川談志」にしか見えなくて、いつも大爆笑してしまいます。

Skypeでこの姿を見た、私の母は「頭に包帯を巻いているのかと思って、ビックリした」と言い
きんぐは「THE BLUE HEARTSのマーシー」だと言います。

いや、立川談志だって。(笑)
145531697_bb6277bb58_s.jpg




スポンサーサイト

| 2歳5ヶ月の日記 | 15:51 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まな板の上の鯉

奥歯の治療の続き。
ボヤボヤしている間に、もう2週間前のことになっちゃいました・・・。



治療予約日の前に、「そういえば、歯医者さんの知り合いがいたな~」と
小樽に住む某歯科医に相談してみたところ

”神経を抜く事は歯にすごく負担がかかることなので、できるのであれば神経を抜かず、
仮治療だけでも2年は持つので日本に帰ってきてから治療をしてみては?”

とアドバイス。

それをうまいこと英文で書いてくれたので、そのままプリントアウトして治療の日に持って行ったら、
予想とおり却下されました。(苦笑)
最後にちょっとあがいてみたけど、やっぱり神経抜かなきゃダメなのね

IMG_1941.jpg

 日本では各診察イスについているうがいをする場所が、こちらの歯医者にはなかったです。
 ちなみに、画像に写っている歯の写真は私のではありません。
 最初、席に座ったとき自分の歯だと思っていたし、
 仮治療だけして欲しいとお願いしたときに、
 歯科助手さんにこの画像の歯を指差しながら説明したら
 彼女も普通に答えていたので、てっきりそうだと思っていたら
 全く別人のものでした・・・なんだよそれ。





IMG_1942.jpg

アドバイスをくれた日本のDr.へ資料のために撮影。
「こ、こんなデカイ注射打つの?」と
ちょっとビビりました。





さて、いよいよ治療開始。

治療のライトがまぶしくないように、トムキャットみたいなサングラス
(年齢がバレるわね・・・)をかけさせられ3箇所に麻酔。
麻酔の後に、「一度、お口をゆすいでください」と言われるのかなと思ったら
「唾が出てきたらこれで吸い取って」と、よく歯科助手の人が持っている
バキュームを手渡されて自分で「シュー」と。

これって、こっちでは普通なん?

治療する前に、口の中に口を開けっ放しにする器具を入れ
その上からゴムのようなシリコンのようなカバー。
治療するところだけ穴があいているようで、
そのゴムのおかげで喉の方には全く水が流ず、これは良かったです。
(日本では、子供の歯の神経を抜くときに使用するそうです)


神経の1本が奥のほうでカーブしていて、それを取り除くのに時間がかかったようで、
結局、神経を抜くのに2時間近くかかりました。
日本で神経を抜く場合は、何度かに分けて治療するそうだけど
こちらでは、1回の治療で一気にやってしまうそうだ。


ただ2時間もの間、器具を口の中に入れっぱなしで
途中から顎関節が痛くて痛くて辛かった・・・。
何度か、顎関節を触り痛いということをアピールしてみたけど
「ずっと口を開けているから痛くなるよねー」と言われ、スルー。
なんせ、器具を入れられて口を開けっ放しにされているから話もできない。
まさに、まな板の上の鯉。

辛い状態が続くと、肉体的精神的にもそれを感じないようにマヒしてくるようで、
頭はボーッとしてくるし、意識もあるのかないのか・・・
治療が終わったときには、魂が抜けたように心身共に放心状態。
歩いて帰ってくるのが、やっと。
拷問ってこんな感じなのかな~とぼんやり思いながら帰ってきました。(笑)

正直、歯の治療でこんなに疲労困憊するとは思っていなかったので
帰ってから家のこととかどうしようと思っていたら、
な、なんと、きんぐさまが、茶碗を洗い、洗濯物をたたみ、
くぅちゃんを昼寝させてくれたではありませんかっ!
これには、感動。感激。感謝。
ほめ殺しみたいだけど、本当に本当に感動したのであります。
いや~、かなり助かりました。
おかげで治療の疲れがちょっぴり消えて、なんとか、子供にご飯を食べさせ、
風呂に入れて私も夜9時に就寝して翌朝7時半まで爆睡でした。



数日後、無事詰め物を入れてもらい、今は何もなかったように普通に暮らしています。
最終治療の時に、「妊娠中だからこれ以上治療はできないけど、出産前後は
ホルモンバランスとかで口の中の環境が変化するので、出産後にクリーニングをしにおいで」と言われ
念のため、いくらするのか聞いたら、$300(約2万4千円)でした。
たぶん、これがこちらの相場だと思うけどやっぱり高いと感じてしまう、私。
でも、しないよりはした方がいいし・・・ブツブツ。


前回の記事に、アドバイスや先生の紹介をしてくれたお友達、どうもありがとう!


何はともあれ、皆様も歯は大切に。

| 2歳5ヶ月の日記 | 00:53 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポロリ

「ポロリ」といっても、水泳大会でハプニング的に起こる「ポロリ」ではなくて、
3週間前、実家から送ってもらった食べるラー油をもやしサラダにかけて食べていた時のこと
右上の奥歯の詰め物が、ポロリっと取れてしまいました。

詰め物をしていたどころか、治療した記憶さえない場所。

ポッカリと穴が開いてしまった奥歯。
痛みはないものの、食べ物は詰まるし、冷たいもの温かいものを食べるたびにしみる
神経が残っている歯。


ん~~~こりゃ、歯医者にいかないといかんなぁぁ。



カナダに来てから、こちらの歯医者には行ったことがないけど
噂によると、治療費がバカ高いって聞くし、
すぐに歯を抜かれるっていうし、
言葉にも自信がないからできれば行きたくない・・・

と思いつつも、歯が痛くなってからでは遅いので
近所の歯医者へ、とりあえずどんな状態が見てもらい治療費の見積もりをもらうことに。


最初に、アシスタントの女性に英語が苦手なのでゆっくり説明して欲しいことを告げ、診察イスへ。
例の歯に、シューと空気をかけられると、ビビビビーと激痛。
めちゃめちゃ染みて・・・涙
その後、患部のレントゲン、Dr.が来てまたシューと空気をかけられ、先の尖った器具でつつかれ
更に、その器具の先端を冷やして、染みるかどうかのチェック。
どう、表現していいのか・・・キーーーーーーーーーーーンッと脳天を突き抜ける痛み。
あぁ、思い出したくもない痛いさ。
これがもう・・・診察イスの上で飛び上がってバタバタしてしまった。。。


診察結果、神経の近くまで虫歯が進行しているので神経を抜いて詰め物をしましょう。ってことになった。


でもって、気になるお値段は?






$1500なり。 




せっ、せんごひゃくぅぅ? 日本円にして約12万円。

しかも、最初の様子を見てもらうだけで、$96かかって、処方箋も出されたので更に$40。

日本に帰る飛行機代より、お高いではありませんか・・・(号泣)

こちらでの歯科治療費は、会社の福利厚生や個人的に医療費をカバーしてくれる保険に加入していれば、
ある程度保険会社から出してもらえますが、加入していない場合は全額負担なのです。

一応、うちも保険に加入しているけどカバー額が少ない上、
今期はもうすでにいくらか処方箋代などをカバーしてもらっているので、
歯の治療費の半額出るか、どうか・・・・

金額もさることながら、神経を抜かなくちゃならないことにも凹む



そんな私に、やさしいきんぐさまは「日本に帰る?」と言ってくれましたが
私の飛行機代プラスくぅちゃんの飛行機代、身重の体でくぅちゃんを連れて北海道まで
帰って、またカナダへ戻ってきたときの時差ボケの調整等、瞬時に計算。

「イヤ、帰らない」と即答。っていうか、帰れないよー。


もう、こっちで治療するしかないのね~~~~



ってことで、仕方がなく
翌週のきんぐの仕事が遅出のときに、治療の予約をしました。



つづく

| 2歳5ヶ月の日記 | 23:36 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家計にやさしい子

またまたお久しぶりの更新です。
月1の更新になりつつありますが、もう少し頑張って書いていこうと思う今日この頃。


IMG_1877.jpg


こちらは、すっかり秋。
キレイな紅葉も終わりかけになりました。
9月初旬、中旬は、悪阻と風邪と雨続きで、ほとんど外に出られず
親子共々フツフツとした日々を過ごしていましたが
長引いた風邪が治ったら、悪阻も消えて、快調な日々。
ここしばらく、気温も高めで良いお天気が続いているので
今まで外へ連れて行ってあげられなかった分、毎日のように公園へ行ったりお散歩を楽しんでします。

IMG_1910.jpg


お腹のベイビーは、順調に大きくなっているようです。
先日、超音波検査へ行き、性別が判明しました。




結果は・・・・・・










ち○ち○がしっかりついていましたっ!(笑)



自分を含め、周りの予想では女の子では?と意見が多かったけど、男の子でした。
くぅちゃんの洋服やおもちゃもこのまま使えるので、
私的には「家計に優しい、生まれる前から親孝行なヤツ」と喜んでいるのであります。
今から、どんなキャラの子が誕生するか楽しみ。



全く話題が変わりますが、このセンスいかがでしょ?
IMG_1871.jpg

この頭にかぶっている帽子みたいなもんは、実は腹巻
寝るときにしていた腹巻を脱いで、気がついたら被ってました。(笑)

う~ん、この間私がこんなような帽子被ってたな。。。覚えていたのか?


そして、両手には空になった牛乳ボトル。
なんだか、井戸までお水を汲みに行く子供のようだわプププ

| 2歳4ヶ月の日記 | 02:21 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。