PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出産~その1

忘れないうちに出産の記録を書いておかなきゃっ。

5月7日 夜

この日は珍しく夜中の12時前にベットに入る。
でも、きんぐと共にいつになくなかなか寝付けなくてAM1時半すぎまで
ウダウダ過ごしていた。
その間、前駆陣痛なのかお腹がシクシク痛んで張りが続く。

プチンッ

と体の中で小さく何かがはじけた感じがして、
ツツツーと下着に液体のものが流れてきた。
あわててトイレに駆け込むと

「おおおぉぉぉっ! これがおしるしかぁ!」

やっときたー。と思ったけど、おしるしにしては出血の量多くない?
ついでにトイレでしっこしちゃたから破水したかどうか不明。
強い陣痛は来てないから、すぐは生まれないとは思うけど
きんぐと相談して念の為、病院へ行くことに。

隣の部屋で寝ている両親にそのことを告げると
二人とも病院へいく準備を始めた。
えぇっ!君達も行くの??
病室に3人も入れないし、そんなすぐ生まれないってば・・・
という言葉も無視され4人で午前2時すぎ病院へ。

両親には病院の1階ロビーで待っててもらい、私達は産科ユニットへ。
取りあえず、分娩待合室みたいなところで入院着に着替えて
ベットに寝かされ、お腹に分娩監視装置を装着。
これで、赤ちゃんの心音とお腹の張りをチェック。
delivery01.jpg

この時点で、陣痛らしき痛みは消えた。

分娩監視装置からはこんな感じで結果が出てくる。
delivery02.jpg


当直の女医さんから色々と問診があったり、破水したか検査をしたけど
結局破水はしていなかったよう。
予定日を過ぎているから陣痛促進剤を使用して早く出産したい事を伝える。
担当の医師に電話で確認してからじゃないと、GOサインが出ないらしく
ややしばらく待たされる。

促進剤を使うのは、次のシフトの人が来てからということで
夜中3時頃に入って、朝8時すぎまでウトウトしながらこの部屋で待機。

ロビーで待っている両親が気になる。

| 出産 | 21:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。