PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月30日 面接

3月30日 いよいよ面接の朝


朝6時。

フロントにお願いしておいたモーニングコールと
自分でセットした目覚ましで、なんとなく目覚めたけど
まだ眠たい・・・
だって、カルガリー時間でいうとまだ朝4時なんですもの。
(カルガリーとバッファローでは時差が2時間あります)

前の晩にオーダーしておいた朝食のルームサービスの
ノック音でようやく起きました。


朝食はアップルシナモンパンケーキ と バナナラズベリーパンケーキ
0330 002 0330 003


自分の身支度や、くぅちゃんに離乳食を食べさせたりバタバタして、
更に、面接前の緊張で半分も残してしまいました・・・とっても美味しかったのに。
(普段なら絶対ありえないけど。w)




面接書類には「朝8時半から」と書いてあったので
少し早めにホテルを出発しました。

ホテルからカナダ大使館のあるビルまで目と鼻の先。
0330 012 1

暖かければ歩いて行こうかと思っていましたが
バッファローは、この日に限って寒いのなんのって。
しかも強風じゃないですかっ。
なので、車で移動しました。


ビルの1階に、カナダ大使館にビザ関係で来た人専用の
並ぶ場所が設けられていて、8時前に到着したのですが
もうすでに10人ほどの列が出来ていました。

そこにセキュリティーが来て、パスポートと大使館から
送られてきた書類をチェックされ、胸にビジターシールを貼られて
エレベーターで大使館へ。

実は、念のため通訳を通訳会社へ依頼していたのですが
請求書は届いたものの、一体誰がくるのか、どこで待ち合わせるのか
一切連絡がなく、この時点でもそれらしき人が現れず・・・・。

不安なまま待合室で待っていたら、来てくれました!
あ~良かった。


通訳の方と色々話しながら待つこと1時間。
ようやく私達の番号が放送で呼ばれ、面接室へ。


面接室は、大人2人でいっぱいになってしまうほどの小スペース。
やけに狭いな~と思いつつ、
きんぐと通訳の方と私とくぅちゃんの乗ったストローラーで入ろうとしたら、
何かあったら後で呼ぶから私とくぅちゃんは待合室で待機するよう
言われました。

ちなみに、面接室は審査官との間に透明なアクリル板で仕切られていて
まるで、刑務所の面会室のような感じでした。


面接が始まったのが9時30分。

眠たくて少しグズリ始めたくぅちゃんをあやし、授乳をしながらも
吐き気がするほど緊張していました。


30分経過。


まだ、出てくる様子なし。
くぅちゃんは、ストローラーの中で、爆睡。


そのうち、ドアの向こうからきんぐの話す声が聞こえ始めました。

何を話しているのかは、わからないけど
けっこう大きな声で一生懸命話している様子。



何か、変な質問でもされたのかな・・・と更に緊張が増します。


そして、10時20分。
面接室のドアが開き、二人が出てきました。


一通り、質疑応答を終えて一旦部屋を出るように言われたとのこと。
この時点では、合否については全くわかりません。
当の本人も、手応えはわからないと言っていました。

さて、15分後。



もう一度、二人は面接室へ。


今度は、10分程ですぐに退出してきたのですが
きんぐがなんともいえない顔で出てきました。
放心状態なのか、なかなか結果を答えてくれず、ヤキモキ。

ようやく二人の会話を聞いて、パスしたんだとわかりました。


おめでとう。おめでとう。おめでとう。

ちょっぴり涙ぐみました。

まだ、次のステップが残っているけど
第一関門突破は、心から嬉しく全身の力が抜けました。


面接のついての情報を集めたときに
けっこう意地悪ないやらしい質問をされる場合があると聞いていたのですが、
きんぐの場合、思いのほかソフトな審査官に当たったようで
そういった類の質問はなく、淡々と現在の職種について質問をされ、
その質問も、できるだけプラスポイントになる答えを引き出すような
ものだったようです。

これは非常にラッキーだったように思います。

2回目に呼ばれた時は、自分のポイントについて説明された後、
現在働いていることも確認できたので、あなたの申請を認めます。
言われたそうですが、
通訳の方が「Thank you」と何度も言っているのを聞いて、
初めてパスしたんだと理解したそうです。w



本当に、本当に、お疲れ様でした。







さて、ナイアガラの滝にでも行きますか。

| 育児10ヶ月目 | 11:12 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

もう少しだね。

KIKIちゃん>

お腹大きくなって寝返りもできないから
結構、夜はツライよね。
でも、後少しの辛抱だよ。

生姜焼きやテリチは調理後、ひとつずつ
ラップしてからジップロックに入れて
冷凍したよ。
それのほうが、解凍する時に楽かなと思って。

この連休は、おかず作りだね。
立ち仕事だから無理しないようにしてね。

| Shio | 2009/04/10 15:26 | URI |

来月から産休に入る予定だよ。疲れるし寝不足だけど、今月は連休があるし、後もう少しで赤ちゃんに会えると思うと精神的に少し楽になってきたよ。

しおぽんのブログを参考にしたり、同じ病院で出産した友達の話を聞いて入院用バッグも大体用意したし(後は紙おむつ!)今週は連休だからちょっと早いけど、おかずの作り置きをしようと思って。前に生姜焼きや照り焼きチキンを勧めてもらったけれど、調理して、ジップロックに入れて冷凍?それともタッパーでも大丈夫かな?

ナイアガラの滝編、楽しみにしているよ~♪

| KIKI  | 2009/04/10 12:19 | URI |

ありがとう!

kenychi>
待っている間、いいイメージを想像しながら
ドアの向こうに念を送っていたけど、
やっぱり不安や緊張はなかなか払拭できない
もんだね。

いい面接官に当たって本当にラッキーだったよ。
運も実力のうち?だったかな。(笑)

今回で、極度の緊張と子供のぐずりは
同時に対処できないって実感。
寝てくれて本当に良かった。

| Shio | 2009/04/10 10:52 | URI |

おめでとう!

今回のブログ、読んでるこっちまで緊張しながら読んじゃったよ(笑)。それにしても、通訳を用意するとは準備がいいね~。お陰でパスした事に気付けて良かったじゃん(爆)。

ところで、くぅちゃん。ここぞという時は大人しくしてるみたいで、中々の孝行息子なんじゃない?

ソフトな審査官に当たったのも、必然だったんだと思うよ。まあ、ひとまずお疲れさん。

| kenychi | 2009/04/10 05:17 | URI | ≫ EDIT

コメントありがとう

KIKIちゃん>
ありがとう!

面接突破したから
色々ハプニング続出の旅だったけど
全て笑える思い出になったよ。

パンケーキね、おいしかったけど
全部食べられなかったことが、悔やまれるよ。w

ところで、体調はどう?順調かな?
そろそろ産休だよね!


Wolffyちゃん>
ありがとう!
久々にこんなに緊張する場面を経験したよ。
もし私が面接されてたら、面接官の前で
吐いてたかも・・・w

ルームサービスはこれで人生二度目でした。
しかも、約10年ぶり。

| Shio | 2009/04/09 22:30 | URI |

\(^0^)/

やっっったぁ~~~!
本当にお疲れ様だね、キング旦那さま(;;)/
またただでさえ、待ち時間て長く感じるのに
永住権取れるか否かと待つ1時間以上
緊張マックス、ホントに吐き気伴いもんだよね、
あんなおいしぃ朝食残すほどだもん(><;
しおちゃんも本当にお疲れ様。(;;)/
本当に本当におめでとー、良かったね!!!

そしてあんな豪華ホテル、
モーニングサービスも頼み
なんてすんばらしぃホテルライフ、羨ましぃわぁ~!!!

次は観光編。 楽しみっ!*^^*

| Wolffy | 2009/04/09 20:15 | URI |

面接合格おめでとう!!!本当に良かったね♪

バッファローへの旅は飛行機をはじめ、健康診断も用紙がもらえなかったり色々うまく行かない旅だったみたいだけど、とにかく無事に面接を通過して一安心!くぅちゃんは初飛行機にも動じず、なんかどっしりしてて頼もしいわ~

それにしても、何ておいしそうなパンケーキ(笑)しかもルームサービスなんて体験した事無い。素敵すぎる!

| KIKI  | 2009/04/09 19:39 | URI |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。